女子栄養大

栄養イノベーション専攻で学ぶとどうなる?

栄養と食を通じて 人々の健やかな生活と持続可能な社会を創るための アイディア・食品・生活スタイルを生み出す人材

AIやインターネットの進化によって、生活や社会が大きく変わっています。

食や健康を取り巻く分野でも栄養や運動のバランスをチェックするアプリ、 食材や料理を手軽に買えるオンラインサービス、食物アレルギー対応商品やメニュー開発・情報発信など 次々と新しい価値が生み出されています。

一方で、この分野の社会課題は複雑化し、解決に役立つ専門知識・スキルを持った人材が必要です。 本専攻では、栄養士としての知識や技術に加え、膨大なデータを解析し、 科学的に答えを導き出す方法などを学びます。 健やかな生活につながる栄養イノベーションを生み出し、 社会に普及させる力を備えた人材を育てます。

栄養と食を通じて人々のWell-beingと持続可能な社会を創るために

栄養士+αの強みを 身につけるための3領域

フード・ウェルネス領域

食べ物の生産・加工・流通・消費までを総合的に理解し、人々の生き生きとした暮らし(ウェルネス)のために、食品、美容、製薬など様々なフード・ウェルネスビジネスで新たな価値やモノを創出できる人材を養成。 活躍できるフィールド食品製造業/食品流通業/外食産業の安全管理・食品開発/大学院進学など

フード・ウェルネス領域

栄養データサイエンス領域

栄養素・食品・食事の多様かつ大量のデータを分析・活用する力を修得し、ビジネス、行政、さらに大学等の研究機関で、AIやICTを活用した新たなアイデアやサービスを創出できる人材を養成。 活躍できるフィールド食品開発業/マーケティング業界/IT企業/システム開発業/行政/大学院進学など

栄養データサイエンス領域

臨床検査学領域

生体の検査データへの食事の影響を理解し、適切な検査技術と判断力を身につけ、病気の予防、早期発見、治療に貢献できる人材として医療現場で活躍する臨床検査技師を養成。 活躍できるフィールド大学病院・私立総合病院/検査センター/企業(製薬・医療機器)/大学院進学など

臨床検査学領域

さらに、フード・ウェルネス領域と栄養データサイエンス領域では、領域の学びに加え家庭科教諭1種免許状の取得も可能。また、家庭科教育でのデータサイエンスの活用、フードシステムやフードセキュリティなどの社会課題の解決に強い家庭科教諭を養成します。

栄養学の、その先へ。

Links